So-net無料ブログ作成
音楽界ニュース ブログトップ

蘇ったフレンズ レベッカ紅白への感想  [音楽界ニュース]

1991年に解散した80年代をフィーバーしたロックバンドのレベッカ


そんなレベッカは、2015年紅白に出場し、
彼らの人気曲「フレンズ」を熱唱

レベッカ目当てで紅白を待ったファンも多かった。

Nokko.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-0000033...

NOKKO
1963年11月4日生まれ 52歳
埼玉県出身


キュートで透き通るようなNokkoの歌声を期待した人も多かっただろう。

紅白が終わってみて、視聴者の感想とは、

NOKKOの声が出ていなく、昔のように歌に勢いがなかった
などと、歌に対して残念な感想が多かったが

30年の時を経て蘇った「フレンズ」が多くの元若者たちに響いたハズだ。
余談であるが

レベッカのBassistの高橋孝之さんは現在運送会社で所長さんをしているが

今年の再結成には有給休暇を取得しての参加であった。

再結成までの15年間、楽器を演奏しなかったそうですが、
一時もレベッカの仲間たちの事は忘れたことはなかったと語る。

レベッカ.jpg








米有名ジャズ歌手故ナット・キング・コールの娘ナタリー・コールさんの死去に悲しみ [音楽界ニュース]

米有名ジャズ歌手故ナット・キング・コールの娘ナタリー・コール死去に

全米のジャズファンが悲しみに暮れています。


ナタリーコールは、

ナタリーコール.jpg

1950年2月6日生まれの65歳でした。
出身はロサンゼルスで、苦労して成功を収めた同世代のアーティストの多くとは異なり、
南カリフォルニア大学で学び、比較的裕福に育ちました。


父ナット・キング・コールは、1919年3月17日のアラバマ州モンゴメリー出身で
まだ歌手としての絶頂期1965年2月15日に45歳の若さで病気で死去されています。

ナット・キング・コール.jpg


ナタリー・コールは、12月31日、ロサンゼルスの病院で死去。

2008年にC型肝炎と診断され、腎移植手術を受け、歌手として復帰したばかりでした。



ナタリー・コールのシンガーとしての経歴は


1975年のデビュー曲「ジス・ウィル・ビー」が大ヒット。


1976年には、東京音楽祭出場でグランプリを獲得。


薬物依存症で活動停止した時期もあったというが、カバー曲「Pink Caddilac」で復活


1991年には、父ナット・キング・コールとの声に自分の声を重ね合わせて歌った
「Unforgettable 」が大ヒット、グラミー賞の最優秀レコード賞など6部門を受賞。


2008年7月にC型肝炎であること、また腎臓の病気も患っていることを告白。


2013年には、5年ぶりの新作「Natalie Cole en Espanol」をリリース。


2015年10月体調が悪化して、コンサートをキャンセル。


心に残る歌声は、ナタリー・コールが死去されても、皆の記憶に鮮やかに甦ることが出来るでしょう。






音楽界ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。